競走馬には、それぞれ得意とする競馬場やコース、馬場状態があり、そしてそれは
血統によるところが大きいと考えられます。
近走不振だった馬が、得意とする条件になった途端に激走するケースなどもしばし
ば見られます。ゆえに血統は、穴馬を見つける上でも重要なファクターであるといえ
るのではないでしょうか。

 日本における競走馬の主な血統は以下のようになります。

  • サンデーサイレンス系
    アグネスタキオン/アドマイヤマックス/オンファイア/ゴールドアリュール/サク
    ラプレジデント/サムライハート/スズカフェニックス/ステイゴールド/スペシャ
    ルウィーク/ゼンノロブロイ/ダイワメジャー/ダンスインザダーク/ディープイン
    パクト/デュランダル/ネオユニヴァース/ハーツクライ/フジキセキ/ブラックタ
    イド/マンハッタンカフェ/リンカーンなど
  • ミスタープロスペクター系(ミスプロ系)
    アグネスデジタル/アドマイヤムーン/アフリート/イーグルカフェ/エンパイアメ
    ーカー/キングカメハメハ/キングズベスト/サウスヴィグラス/スウェプトオーヴ
    ァーボード/フォーティーナイナー/ルールオブローなど
  • グレイソブリン系
    アドマイヤコジーン/ジャングルポケット/スターオブコジーン/タマモクロス/トニ
    ービンなど
  • ノーザンダンサー系

    芝スピード型
    キングヘイロー/シングスピール/ゼンノエルシド/ファルブラヴ/ローエングリン
    など
    芝スタミナ型
    オペラハウス/コマンダーインチーフ/サドラーズウェルズ/ジェネラス/ダンシン
    グブレーヴ/テイエムオペラオー/フサイチコンコルド/ホワイトマズル/メイショ
    ウサムソンなど
    ダート型
    クロフネ/ジャイアンツコーズウェイ/ストームキャット/ストームバード/ストラ
    ヴィンスキー/スニッツェル/ファスリエフ/フレンチデピュティなど

  • ロベルト系
    グラスワンダー/シンボリクリスエス/タニノギムレット/ブライアンズタイム/マ
    ヤノトップガンなど

それでは、 血統予想がハマった事例をいくつか見てみましょう。

事例1:グランプリレースは「ステイゴールド産駒」を狙え!

ここでいうグランプリレースとは、日本中央競馬会(JRA)が開催するG1レースである
宝塚記念有馬記念です。
2009年から2014年の間、当該レースは計12回おこなわれていますが、そのうち9回
は、父がステイゴールドである馬が勝利しており、なんと8割近い勝率を誇っています。

-2009~2014 グランプリレース(宝塚記念/有馬記念)勝ち馬-

  • 09′ 宝塚記念:ドリームジャーニー(父:ステイゴールド)
  • 09′ 有馬記念:ドリームジャーニー(父:ステイゴールド)
  • 10′ 宝塚記念:ナカヤマフェスタ(父:ステイゴールド)
  • 10′ 有馬記念:ヴィクトワールピサ(父:ネオユニヴァース)
  • 11′ 宝塚記念:アーネストリー(父:グラスワンダー)
  • 11′ 有馬記念:オルフェーヴル(父:ステイゴールド)
  • 12′ 宝塚記念:オルフェーヴル(父:ステイゴールド)
  • 12′ 有馬記念:ゴールドシップ(父:ステイゴールド)
  • 13′ 宝塚記念:ゴールドシップ(父:ステイゴールド)
  • 13′ 有馬記念:オルフェーヴル(父:ステイゴールド)
  • 14′ 宝塚記念:ゴールドシップ(父:ステイゴールド)
  • 14′ 有馬記念:ジェンティルドンナ(父:ディープインパクト)

10’宝塚記念においては、単勝8番人気のナカヤマフェスタが、当時、最強牝馬とい
われた単勝1番人気のブエナビスタを下す波乱の結果となりました。
また、12’有馬記念においては、1着にゴールドシップ、2着に父ステイゴールドの
ーシャンブルー(単勝10番人気)が入線し、父ステイゴールドの馬によるワン・ツー
の結果となりました。
当時、血統からオーシャンブルーを穴馬に指名し、おかげさまで三連単24,250円を
的中させることができました。

事例2:阪神マイルG1は「ディープインパクト産駒」を狙え!

ここでいう阪神マイルG1とは、日本中央競馬会(JRA)が開催する、距離1600Mの
G1レースである桜花賞阪神ジュベナイルフィリィーズ(以下、阪神JF)、朝日杯フ
ューチュリティS
(以下、朝日杯FS ※2014年より阪神開催)のことです。
2011年から2014年の間、当該レースは計9回おこなわれていますが、そのうち7回
は、父がディープインパクトである馬が勝利しており、8割近い勝率を誇っています。

-2011~2014 阪神マイルG1(桜花賞/阪神JF/朝日杯FS)勝ち馬-

  • 11’桜花賞:マルセリーナ(父:ディープインパクト)
  • 11’阪神JF: ジョワドヴィーヴル(父:ディープインパクト)
  • 12’桜花賞:ジェンティルドンナ(父:ディープインパクト)
  • 12’阪神JF:ローブティサージュ(父:ウォーエンブレム)
  • 13’桜花賞:アユサン(父:ディープインパクト)
  • 13’阪神JF:レッドリヴェール(父:ステイゴールド)
  • 14’桜花賞: ハープスター(父:ディープインパクト)
  • 14’阪神JF:ショウナンアデラ(父:ディープインパクト)
  • 14’朝日杯FS:ダノンプラチナ(父:ディープインパクト)

 桜花賞については、2011~2014年の間、4連勝しており、2012、2013年において
父ディープインパクトの馬によるワン・ツーの結果になるなど、同レースには滅法
強いです。
14’阪神JFにおいては、出走馬中で唯一のディープインパクト産駒であるショウナン
アデラを穴馬として狙い、おかげさまで三連単22,780円を的中させることができまし
た。

事例3:道悪は「オペラハウス産駒」を狙え!

2010年に開催された「第84回中山記念」は、天候不良の影響で不良馬場となりました。
勝ったのは、単勝13番人気父がオペラハウスであるトーセンクラウン。そして2着には
同じく父がオペラハウスである単勝12番人気テイエムアンコールが入線し、父オペラ
ハウスの馬によるワン・ツーの結果となりました。

また、2011年に開催された「小倉日経オープン」は日本中央競馬会(JRA)のWIN5対象レ
ースに指定されましたが天候不良の影響で重馬場となりました。そこで父がオペラハウス
である単勝6番人気ガンダーラを勝ち馬に指名したところ、見事に勝利、おかげさまでWI
N5が的中し高配当を手にすることができました。

事例4:小倉記念(G3)はグレイソブリン血統を狙え!

小倉記念(G3)は、夏の小倉競馬場で開催される芝2000Mのレースであり、グレイソブリン
血統
の馬が好走するレースです。
本レースは、2007~2014の間、計8回おこなわれていますが、そのうち5回はグレイソブリン
の血をもつ馬が勝利しています。また、勝利には至らずとも、ほぼ毎回のように馬券に絡んで
おり(※2012年は該当馬が出走せず)、しばしば大穴を演出しています。

-2007~2014 小倉記念(G3)1~3着馬-

赤字がグレイソブリン血統の馬

  • 07’:1着 サンレイジャスパー2着 ニホンピロキース、3着 アラタマサモンズ
  • 08’:1着 ドリームジャーニー、2着 ダイシングロウ、3着 ケンブリッジレーザ
  • 09’:1着 ダンスアジョイ、2着 ホッコーパドゥシャ、3着 クラウンプリンセス
  • 10’:1着 ニホンピロレガーロ、2着 バトルバニヤン、3着 スマートギア
  • 11’:1着 イタリアンレッド、2着 キタサンアミーゴ、3着 リクエストソング
  • 12’:1着 エクスペディション、2着 トーセンラー、3着 ナリタクリスタル
  • 13’:1着 メイショウナルト、2着 ラブリーデイ、3着 マイネルラクリマ
  • 14’:1着 サトノノブレス、2着 マーティンボロ、3着 メイショウナルト

2010年には、単勝9番人気のニホンピロレガーロを本命◎に指名、おかげさまで単勝1,970円
三連複15,830円、三連単124,130円を的中させることができました。

 重賞レースを予想する際には、当該レースにおける過去数年間の1~3着馬を調べることで
馬券に絡む馬の傾向が見えてくると思います。

自分で穴馬を見つけ出し、馬券が的中した時の喜びは格別なものがあります。

以上